焼香の作法

焼香の作法

焼香とは、その香気によって仏前を清めるものなのです。また、その香を霊に手向けるものとされています。焼香には「線香」をあげるものと「抹香」をたくものとがありますが、一般的には葬儀・法事では抹香をたく場合の方が多いようです。また仏教だけでなく、キリスト教(カトリック)の葬儀のときの前夜式などに使われる場合もございます。ここでは、焼香に関する作法についてご説明します。

【焼香の作法】

1. まず、次の人に会釈をし、祭壇前の遺族の並ぶ末席まですすみます。そして僧侶と遺族に向かって一礼をします。
2. 焼香のできる位置まですすみ出て、位牌と戒名と故人の写真を見て一礼します。 普通は座布団がありますが、これは僧侶のためのものです。ですので、座布団をよけ、一礼してから焼香をします。焼香後は、遺族に一礼してから座布団を元に戻します。
3. 次に香箱から右手の親指、人差し指、中指の3指で香を少量つまみ、香炉の中に静かに落とします。
焼香の回数などの作法は宗派・地域によって異なりますが、お葬式の場合は時間の関係上、1回だけ焼香することが多くあります。
4. 焼香の後に、合掌し深く一礼をしてから少し下がります。
5. 左右に一礼し、右回りして席に戻ります。立席の場合もほぼ同じやり方となります。一番大切なことは、心から故人のやすらぎを願うことです。

【お線香の供え方】


1. まず、僧侶、喪主、遺族に向かって一礼、霊前にすすんで位牌と写真を見て一礼したあと、線香を1本取り (2~3本でもかまいません)、ローソクの火を移します。炎は手であおいで消すか、持つ手を左右に振っても良いでしょう。 口で消すことだけはしてはなりません。
2. 静かに線香立てにさし、合掌してから下がります(2~3本のときは1本ずつ離して立てましょう)。 宗派によっては、線香を立てないで横にするところもあります。また、鈴が置いてあった場合、ごくかすかに打つか、仕草だけで音を立てないようにします。

【焼香のときの数珠の扱い方】
数珠は、左手首にかけて持ちましょう。短い数珠は、両手にかけて、親指でおさえるのが正式な数珠の扱い方となります。長い数珠の場合には、中指にかけて、両手の間ですり合わせて使います。