通夜でのマナー

通夜でのマナー

通夜本来の姿は、故人のご遺体のそばで別れを惜しむもので「夜伽(よとぎ)」ともいいます。 現在では午後6時~7時ごろにはじまり、9時~10時ごろまでというのが世間では一般的となります。できれば、読経のはじまる前に伺うのがマナーです。ただし、焼香の後であれば、僧侶の退席を目安に辞去しても差し支えありません。

通夜での服装は、正式な儀式ではありませんので正装する必要はありません。もちろん、正装ならば尚よいでしょう。だからと言ってジーパンなどのラフすぎる服装は厳禁です。職場や外出先から直接伺うときなどは、地味なスーツやワンピースなどで装うのが遺族への心遣いとなります。このときの、アクセサリー類は原則としてしないほうがよいです。貴金属のような光物はお通夜の会場に到着する前に外しておきましょう。

通夜での席次ですが、通夜の場合、とくに決まった席次というのはありません。一般的には祭壇に向かって右側奥から喪主⇒遺族⇒近親者、左側奥より葬儀委員長⇒世話役代表⇒近親者⇒一般知人⇒友人というように血縁の順に座るのが普通です。弔問客は特に順番はありませんので、進行の妨げにならないよう順次座っていただきます。 通夜の会場に到着したら、まず受付で名前を記入するか、名刺を渡して香典を差し出します。受付がない場合は祭壇に供えますが、このとき金封の表書きが祭壇から正面に見えるように置きましょう。

祭壇のある部屋に入ったら、先客に軽く一礼してから静かに入室し、遺族に短くお悔やみを述べます。ただし、すでに弔問をすませているときは丁寧に一礼するだけでかまいません。そのまま祭壇の前へすすみ焼香をします。告別式に参列できず通夜だけに出席した場合には、近親者か世話人の方にその旨を伝え、お詫びをしておきましょう。

帰る前にもう一度祭壇の前に行き、合掌するのがより丁寧なマナーとなります。 お悔やみの挨拶は、心さえこもっていれば言葉に詰まって深く一礼するだけでも、十分に気持ちは通じます。遺族の気持ちを察して「このたびはとんだことで・・・・、心よりお悔やみ申し上げます」程度に短く切り上げましょう。 又、通夜の手伝いは、遺族にとってありがたいものです。しかしお手伝いの人が十分足りているようならば、近親者でもない限りは儀礼的な手伝いの申し入れはしない方がいいでしょう。家の中の事情にうとい人が動き回ると、かえって気を遣わせてしまうだけとなってしまいます。それよりも、早めに引き上げたり、告別式にきちんと出直したりするほうが、遺族の心によけいな負担をかけずにすむでしょう。