死に関連することば

死に関連することば

その意味をよく知らず、やり過ごしたりしがちな、普段使わない葬儀用語や死にまつわることばの意味を考えます。今回は少し怖いことばばかりかもしれません。

【餓鬼(がき)】:仏教語。
食べ物に餓えている人のこともいいますが、生前悪事を働いた報いで三悪道、“地獄道”“畜生道”“餓鬼道”のひとつの“餓鬼道”へ落ちた人のことをいいます。江戸時代から子供を罵って呼ぶようになったことばのようで、今でも子供のことを呼ぶ悪い言い方として「ガキ」と言ったりしますよね。子供が年中食べ物をねだることからきているようです。「餓鬼も人数」ということばは、つまらない者でも大勢集まるといくらか役に立つ、という意味です。

【鬼(おに)】
中国では人に祟りをもたらす怪物、鬼の世界の冥界があると信じられていたそうです。仏教語では、地獄で死者を扱う鬼や、鬼門(北東)の番をしている鬼というものがいますがこの鬼は、頭に牛の角をはやし、虎の皮のふんどしをしている、いわゆる私たちが普段想像する鬼の姿ですね。「鬼が住むか蛇が住むか」人の心中にはどんなおそろしいことが潜んでいるか分からないということばです。「鬼が笑う」は、予定のつかないことをからかうことばです。「来年のことを言うと鬼が笑うぞ」などと言ったりしますね。「鬼に金棒」強いものがさらに強さを加えること。「鬼の居ぬ間に洗濯」は、気兼ねする人の居ない間にのんびりするという意味。「鬼の首を取ったよう」は、大したことでもないのに大手柄を立てたように喜ぶ様子をいいます。「鬼の目にも涙」冷酷無情な人でも時には情に感じて慈悲の心を持つということばです。人情が薄い人をののしったり、物事に精魂を込める人のことを尊敬して呼んだりもする、鬼に多様な意味があることのせいか、いろんなことばが生まれたようです。   

【怨霊(おんりょう)】
最近の映画の影響のせいか、言葉を聞いただけで不吉なイメージがすっかり定着してしまいました。死んだときの恨みを抱いて生きている人に祟りをもたらす霊魂のことを怨霊といいますが、歌舞伎の演技にも、怨霊が恨みごとを述べていろんな所作をするものを「怨霊事」と言うものがあるそうです。