お葬式の形式

お葬式の形式

お葬式を考えた時に確認をしておきたい事に、「形式」があります。 お葬式の形式とは、簡単に言うと「宗教」のことをいいます。「あなたの宗教は?」と聞いてしまうと、よく「私は何の宗教にも入っていません」と言われてしまうのですが、特にどの宗教も信じていないという方でも、お葬式でご住職にお経を読んでもらう場合は、「仏教の形=仏式」となります。

仏式の他には、神道の形=神式、キリスト教のキリスト式、そして、あえて宗教色を無くした無宗教式などがあります。 ですので、自分の形式が分からないという方のほとんどが、仏式か神式なのです。ちなみに、現在、日本人の約8割が仏式のお葬式を行っています。そして、行なったのが仮に「火葬のみ」だったとしても、ご住職に火葬場まで来てもらって、お別れのお経を読んでいただけば「仏式」ということになります。

仏式の場合は、宗派はどこになるのかや、菩提寺があるのかを、家族や親戚に確認しておかなければなりません。仏式のことをもう少し詳しくいいますと、仏式のお葬式の場合にはご住職に来ていただくのですが、どこのご住職でもいいわけではありません。まずは菩提寺に連絡をして来ていただく事が前提となります。 遠くて来ていただけない場合は、菩提寺のご住職が紹介してくれる場合がありますので、お伺いするとよいでしょう。紹介していただけた場合は、戒名のやり取りなどもスムーズに運ぶことでしょう。紹介していただけない時や、もともと菩提寺がないという場合には、葬儀社や寺院などで手配してもらうことができます。

気をつけることは戒名です。菩提寺がある場合は、いくらお葬式では他のお寺に来ていただいたとしても、戒名をいただくのだけは菩提寺からがよいといえますので、お願いするとよいでしょう。他のお寺からもらった戒名では、菩提寺のお墓への納骨を断られることがかなり多くあるのです。ただし、お墓によっては宗教を問わない霊園や公園墓地の場合は、どこから戒名をいただいても自由に納骨することができます。

ご住職にお越しいただきたい場合は仏式のお葬儀となり、特に宗教色を必要としない場合は無宗教式という事になるのです。他には宮司であれば神式、キリスト教式であれば、牧師・神父という事になります。 それぞれの形式によって、必要になる事や、必要にならない事もあるので、事前に調べておくことが大事なことなのです。なお、戒名(法名)は、葬儀の時までに必ず授戒されていなければならないという事もありません。急なために、時間的に余裕のない場合や、菩提寺の都合などにより葬儀に間に合わなければ、生前のお名前(俗名ゾクミョウ)で儀式おこなう事もできます。経験のある担当者であれば、これらの事にもしっかり説明をしていただけますので要注意です。葬儀後のトラブルではままある事ですのでしっかりと認識をしておきましょう。