キリスト教式の葬儀

キリスト教式の葬儀

キリスト教には、カトリックとプロテスタントがありますが、カトリックの葬儀は「通夜式」と「通夜の祈り」、プロテスタントの葬儀は「前夜祭 」「前夜式」「通夜の祈り」と呼び、地域や教会によって、細かなしきたりや進行は異なります。

キリスト教での死に対する考え方は、死の終わりがすべてではなく神の、許に召される(帰る)入り口であると言われています。葬儀は神への礼拝であり、死者への供養とは考えていません。与えられた生涯を故人は神に感謝し、全知全能にして聖なる愛である神に委ね、主に希望と慰めをいただくといわれています。キリスト教葬儀は、故人への愛と敬意の表現とともに、遺族に対する慰めと励ましを目的としています。葬儀では、祈りがささげられ、賛美歌(聖歌)が歌われ、残されたものを励まして、力づける説教が語られます。

キリスト教葬儀では、多くの場合最後に献花をおこないます。これは、仏教式の焼香や、神式の玉串奉奠にかわるものではないのです。死者への供養と言うことではなく、祭壇を飾り生前のことを感謝して、遺体の周辺を飾ることに参列をするという意味なのです。 基本的には、故人を礼拝の対象とは考えないので、遺影写真や遺体に手を合わせたり、拝んだりはしません。 献花が終わると、聖歌の合唱や、聖書の朗読が執り行なわれます。そして式の終了後に、軽食や、茶菓子を用意することが一般的です。通夜ぶるまいとは違って、料理や酒をだしたりすることはあまりしないのです。弔問客が困らないように、遺族は、式次第や賛美歌などを印刷して配るような配慮もします。

キリスト教式以外の葬儀に参列する場合でも・・・
クリスチャンは、死者への礼拝(焼香、献花などの際に拝むことなど)はせず、故人の遺族に対する鄭重な哀悼と慰めに心を尽くすことが主になります。 そのほかは葬儀に対して礼を失することがないように、謙虚な態度で臨むことは宗教に関係なく当然のことです。

参列者がクリスチャンでない場合は・・・
焼香などはありませんから、少し戸惑うかもしれません。自分の信念をもって弔問をすればよいわけですが、キリスト教葬儀の趣旨を知って、謙虚に振舞うことは必要でしょう。 弔慰金袋の上書きは「御霊前」「御香典」ではなく、「御花料」などとするのが普通です。