神式・キリスト教式の作法

神式・キリスト教式の作法

葬儀は、宗教や宗派によっても作法が違います。たとえば、神式では玉串をささげて故人を悼み、キリスト教式では、茎の長い白い花を霊前にささげます。ここでは、神式とキリスト教式の作法についてご説明します。

【神式時の作法】

2礼2拍手1礼が基本となります。神式では仏式の焼香の代わりに玉串を奉奠(供えること)します。葬儀のときは、まず神官が奉奠したのち喪主、遺族、親戚、友人、知人、一般会葬者の順に神前の玉串台に供えていきます。

●神式時の玉串奉奠のしかた


1. 神官の前に進み榊の小枝にシデ(白い和紙の飾り)をつけた玉串を受け取り、神官に一礼(行礼)します。
2. 左の手のひらを上にして葉先の中央の部分をのせてから、右手をかぶせるように枝のほうを軽くつかんで受け取るのが正しい作法となります。
3. 玉串を胸の高さに捧げながら、玉串台の2~3歩手前まで進み、軽くいただき持ち手を替えて(180度回転させ)葉の方を手前に枝を向こうになるように玉串台に供えます。
4. 二礼(真礼)、二拍手(弔事は『しのび手』と言って音を立てずに拍手します)の後両手を下にしてさらに一礼(真礼)、 前向きのまま2歩程下がり向きを変えて神官に一礼(行礼)してから、次に遺族に一礼(行礼)してから自席に戻ります。

【キリスト教式の作法】

●キリスト教式献花 キリスト教の葬儀や無宗教葬では、焼香や玉串奉奠の代わりに、菊、カーネーション等茎の長い白い花を、ご霊前に捧げます。献花の際の作法は次の通りとなります。

順番に渡される花を受け取ります。花が右にくるように取り、そのまま霊前に進み一礼(真礼)します。 花が手前、茎が霊前に向くように献花台に静かに捧げ、そのまま少し後へさがります。キリスト教式では手を組み合わせ頭をやや垂れ気味に黙祷して故人の永遠の安息を祈ります。 牧師(神父)、遺族の順に軽く礼(行礼)をし自席に戻ります。信者以外の会葬者もこの方法で拝礼します。 また、無宗教葬の時の献花も同じ作法ですが、手を組んで黙祷する代わりに合掌します。または頭を低く下げるなど自分の気持ちを表す動作を示せば良いでしょう。これらの動作は気持ちを落ち着かせてゆっくりと行うよう心掛けてみましょう。しかし、私たちの身近では仏葬が多く、キリスト教や神式に不慣れのために、多少の不安を感じていますので事前にこれらの作法を身に付けておいたほうがいいでしょう。