債務者だけでなく、債権者にも任意売却にメリッ

債務者だけでなく、債権者にも任意売却にメリッ

借金で困ってしまい、自宅を手放さなければならなくなったということになれば、任意売却のほうがいいでしょう。
では、この任意売却を決断するタイミング、いつがいいのでしょうか。 もちろん、早いに越したことはありませんが、なかなか任意売却のタイミングを見極めるというのは難しいもの。
債権者(住宅ローンを組んでいる金融機関)から差し押さえの通告が来たときが、任意売却のベストタイミングといえるかもしれません。 もし、そのタイミングを逃してしまうと、任意売却ではなく競売となってしまう可能性があります。
そうなると、売り手としては非常にメリットが少ないものとなってしまいます。 差し押さえの通告が来たら、すぐに任意売却を扱っている不動産業者に相談をしましょう。 早めに対処すれば、滞納する住宅ローンの金額も少なくて済みます。
その段階で高い金額で任意売却できれば、債権者に入るお金もより多くなりますので、債務者だけでなく債権者にとっても、任意売却はメリットが大きいのです。

自宅を売却する費用を減らす方法≪任意売却の魅力≫

離婚後に会社をクビになるという、泣きっ面に蜂状態です・・・。
きっと、今が人生のどん底なのかもしれません。しかし、どん底なのですから、これ以上、落ちる事はない!と無理矢理に元気を出して、なんとかどん底から這い上がりたいと思いました。
まず、1番最初に片付けなければいけない問題は住宅ローンがたっぷり残っている愛しのマイホームです。短かったですが、前妻と娘との思い出がつまった我が家です。しかし、収入もままならない今では手放すしかありません。
お金を貸してくれた銀行には本当に迷惑をかけました。少しでも借金を減らすためには高く売って、且つ、費用も最低限に安く済ませるのがコツだと学びました。
任意売却の相談所で無料で相談したら、そんなアドバイスをもらえたのです。このまま滞納した状態が続けば、確実に自宅が差し押さえられ競売になり相場よりも安く売られてしまうことでしょう。それを避けるためには任意売却しかない!ということが分かりました。
また、任意売却にすることで滞納している固定資産税や住民税の一部まで払わなくて良いことになるので、その分を借金の返済にまわせることも知りました。
任意売却のことを自分で調べてもここまでは分からなかったと思います。任意売却専門の相談所にいってよかったと思います。



【神奈川県(他市・町)】