競売防止の任意売却成功への道

競売防止の任意売却成功への道

家や土地を購入するとき、大抵の人はローンを組みます。何十年もかけて返済することになるわけですが、どうしても支払いができない、というときに検討必要なのが任意売却です。
任意売却とは聞きなれない言葉かもしれませんが、住宅ローンを組む上でとても重要になります。任意売却を知っていると知らないとでは、不測の事態に陥って返済不可能になったときの対応が全然違ってくるのです。
もし、返済不可能になって何ヶ月も支払いを滞納していると、債権者は強制的に競売という手段をとってきます。こうなってしまっては、すべてが手遅れです。勝手に債権者の言い値で売却されてしまい、自分の手元には一切残らないという事態に陥りかねません。
そうならないためにも任意売却をよく理解しておく必要があるのです。これは、まさにローン返済不可に陥ったときの救済措置です。債権者や不動産会社と相談の上、売却することになります。
そのため、重要になってくるのは決断のスピードです。もたもたして競売にかけられたのでは元も子もありません。
少しでも高値で売るためには、早い決断力こそが任意売却成功への道へと繋がるのです。

じっくり学びましょう任意売却について

 住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合、大きく分けて2つの選択肢があります。
1つは競売、もう1つは任意売却です。どちらを選択されるかはもちろん個人の理由ですが、しかし普通に考えれば2つめの任意売却の方がオススメです。
何となく言葉としては競売の方が広まっていて、どちらかというと任意売却の方があまりご存知ない方が多いのかもしれません。しかし総合的に見て任意売却の方が債務者にとってはメリットが大きいです。  
売却価格が競売よりも高いというのは有名な話ですが、その他にもメリットはあって、例えば小さなことに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、退去日の日程の組み方も任意売却の方が行いやすいです。競売の場合だと、強制的に退去を命じられる場合もあります。  
また何よりも面倒な交渉事も、任意売却の場合は任せたその業者の方が行って下さるので、感じるストレスも少ないです。
売却した時の金額の次に大きなメリットは、ここにあると考えます。



【神奈川県(川崎市)】