任意売却で連帯保証人も納得

任意売却で連帯保証人も納得

住宅ローンを組む際には、ほぼ必ず担保の設定と連帯保証人が必要となります。
担保は購入する住宅なので、問題は特にありません。
問題は、連帯保証人のほうです。 仮に住宅ローンの返済が滞っていると、連帯保証人にも迷惑をかけてしまうことになります。
よく、任意売却をすると、連帯保証人には何の迷惑もかからないという話がありますが、それは嘘です。 たとえ任意売却であろうとも、連帯保証人の方に迷惑はかかってしまいます。
それでは、任意売却はせずに、ひたすら住宅ローンの返済を考えたほうがいいというのでしょうか。 それは違います。 任意売却の検討段階にはいった時点で、住宅ローンの返済はほぼ不可能な状態にあります。 あとは、そのダメージをいかに少なくするかということです。
もっともダメージが大きいのが、そのまま住宅ローンを返済すること。 その次にダメージが大きいのが、自己破産。 ダメージを最小限にできる可能性がもっとも高いのが、任意売却だといえます。
任意売却のメリットを知れば、連帯保証人の方も納得してくれることでしょう。

任意売却物件を買い取ってもらう

任意売却をしたからと言って、その不動産に住めなくなるわけではありません。
任意売却というのは裁判所を通して行なう処分ではなく、あくまでも債務に関わった当人同士の交渉によって決定される不動産の処分ですので、この話し合いによって決定したのであれば不動産が売却された後であっても住み続けることは出来るのです。
具体的には、任意売却によって売りに出された不動産を、親戚や知人に買い取ってもらいます。 親戚や知人が不動産を買った際に用意したお金は債権を持っていた債権者の元にいくことになるので、債権者からすれば誰が買い取ろうが自身の債権を満足させるお金が手に入れば全く問題ありません。 当然、交渉でそのような結果になったわけですから法律上も何の問題もないのです。
また、任意売却で親戚や知人に買い取ってもらった後も、その親戚や知人から家を貸してもらうという形を取れば、従来どおりその住居でずっと住むことができるようになります。
任意売却では非常に柔軟な対応を取れるわけです。



東京都下(市部)】