任意売却物件を購入する際のチェックポイント

任意売却物件を購入する際のチェックポイント

もし任意売却物件の購入をお考えの方は、いくつか注意点がある事を理解しておく必要があります。
一般的に任意売却物件は、価格が安くて購入しやすいというイメージもあって、確かにその通りで価格そのものは安いですが、しかし後で修繕などが必要な所が多くあった場合、結局採算が合わないという事にもなりかねません。  
全部がとは言いませんが、任意売却物件には家の中の管理が、しっかりと行き届いていないという場合が多いのも事実です。もちろんそういった点は競売と違って中を見れますので、その時には詳しく確認する事ができますが、そういったところも含めて採算が果たして合うのか合わないのかを考えておく必要があります。
それから任意売却物件を初めて購入される場合は、手付金についても注意が必要です。 売主の方ではなく仲介業者の方に渡しておく必要があります。その方が状況が状況なだけに、リスクが軽減されます。
ただ割とそういった事に対して寛容な方は、非常に納得のいく物件が見つかると思います。

意売却のためには早めに行動を起こしましょう

任意売却を成立させるにはできるだけ迅速に行動を開始する必要があります。
住宅ローンの返済が滞った場合、まずは金融機関からの督促がありますが、滞納開始から半年ほどすると貸し手の金融機関は保証会社にあなたのローンと利息を肩代わりさせて払わせます。そうなってしまうと保証会社は容赦なくあなたの住宅の競売を裁判所に申し立ててしまい、住宅を売却してあなたの借金の一部を回収します。
かつては手続きの遅かった競売ですが、裁判所の審査のスピードアップもあって、競売の通知が来てから半年以内にはほぼ売却されてしまいます。こうなってしまうと手の打ちようがないため、任意売却で債務を少しでも減らしたいのであればできるだけ早い時期に任意売却を扱う不動産会社や弁護士などに相談すべきです。
ローンの返済が滞り始めて返済の目処がもう立たないのであれば、滞納から3ヶ月以内に相談するのが理想です。任意売却については様々な交渉を行わなければならない反面、早めに動くことができればより有利な解決を見込むことができます。 諦めてローンの滞納を放置せず、早めに任意売却に向けて行動することが大事です。



【東京都23区】