無宗教葬で叶えられるあたたかい葬儀

無宗教葬で叶えられるあたたかい葬儀

最近は、かたちにとらわれずに個性や好みを活かした、自由なタイプのお葬式が人気を集めています。

自由に楽しめるお葬式の中でも、無宗教葬が特に流行っているようです。
無宗教葬は、お葬式に音楽を取り入れたことを指します。
音楽をメインとしたお葬式や音楽の演奏団を呼ばなくても、CDやテープなどで曲を流すだけでも無宗教葬と表現することが出来ます。
無宗教葬の嬉しいメリットと言えば、故人の好みや生前の故人らしさをふんだんに表現したお葬式が出来ることや、参列した人にとって思い出に残りやすく感動的なお葬式を楽しめることが挙げられます。
音楽によって個性を表現できますし、故人の人生を振り返るにあたってもムードが感動的になります。
無宗教葬はあたたかく故人を偲ぶために、非常に良いものです。

葬儀について
知人の葬儀で無宗教葬という形を取った時

無宗教葬という形はミュージシャンや特殊な職業の方の葬儀で扱われる事が多く、一般の方は仏式、神式等の形式的な葬儀を行いますし、そもそも式場で音楽を流す事を禁止している所が多いです。

知人が音楽関係の仕事をしており、亡くなった時の葬儀は通常の仏式と無宗教葬を混ぜるような形で行われました。

式が始まる前に、生前作った音楽や友人達が思い出の曲を演奏し、皆が談笑するような場を作り、その後お経を読んでもらってご焼香というような通常の流れで行い、また終わる時には音楽を流すというような形です。

無宗教葬にも様々な形があり、音楽をひたすら流すパターンや通常の葬儀に組み込む形等、そこは葬儀屋との相談次第ですし最近は専門業者もあります。

いずれにしても、故人を本当に懐かしみ、思い出に残る葬儀になった事は間違いないです。